コピー機・複合機の導入事例その④【コピー機比較ドットコム】

複数ページを1枚に印刷できるから、ファイルも薄くて、書庫も省スペース化が可能! Nin1機能で、複数ページを1枚に印刷可能。
例えば4in1と両面印刷を併用すれば、1枚の紙に4ページを印刷できます。
機種 iRADV C5030F (両面印刷オプション)デジタル複合機
導入の目的 コピー枚数を減らし、会議・プレゼン資料の保管スペースを省スペース化したい。
導入後のメリット 1枚の用紙に今までの4枚分を印刷することにより、用紙代、カウンター料金の大幅な削減に成功! また、会議資料も薄くなり保管場所も省スペース化できた。
導入企業のコメント 今までは何枚もの資料を何部も枚数分コピーしなければいけなかったが、コピー機ドットコムのアドバイザーの方に『このような便利なごとが出来、コスト削減にもつながりますよ。』とiRADV C5030Fに両面印刷機能のオプションをつけた提案をいただきました。今では、クライアントに提出する大量のプレゼン資料もコンパクトにまとめる事が出来、クライアントからも『これで全部の資料に目を通す気になれるね』と言われ、今までより提案内容に対するレスポンスも早くなりました。また、経費的にも紙やトナーの購入回数も減り、コスト削減にもつながっています。もっとも、コピー機ドットコムさんで購入したので、※トナーは無料でしたけどね。
トナー代無料はカウンター方式の保守契約が対象となります。
この機種のPOINT

1枚のコピーに、2枚・4枚の原稿を集約

iRADV C5030Fを導入されると1ページに2枚または4枚の原稿を集約(縮小)してコピーできる集約機能を採用しているので、用紙コストの削減はもちろん、ファイリングもコンパクトに出来ます。オプションの両面機構を採用することで、さらに8イン1まで機能を拡大することも可能です。

この機種についての詳細はこちらから>>機種詳細

コピー機導入について、このサイトでは伝えきれないほどいろいろな事例があります。
お客様にシチュエーションにあった導入方法を検討し最適な提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください。コピー機の導入に関しては「コピー機ドットコム」まで!!